まるポテ日記 17 「人生100年時代の僕流の生き方」

人生100年時代と聞いて最初に思ったのが、

しまった!お金がない💦

でしたね。

55歳の時に受けたキャリアプラン研修でマネープランを作った。

58歳で経済破綻。

いやいや。早すぎるでしょ。

 

お金の不安から逃れるのには、お金を稼ぎ続けるしかないと思った。

70歳で月15万円稼げたら人生何とかなるでしょう。

逆に小金を持っている人の方がやばい。

その小金で何とかしようとする。

貯蓄を取り崩していく恐怖感は、

プロスペクト理論というもので証明されている。

あれは損失と機会の見積のギャップ理論ですが、

貯蓄を機会と考えれば同じ回避行動を取ろうとしますよね。

もともと貯蓄がなければ、そんな回避行動もできない。

稼げばいい。マイナスから0で。

シンプルな考え方が出来たから、フリーランスしかないと思えた

のだと思います。

 

その時、人は、「俺なんかで稼げるの!?」って思ってしまう。

稼げるまでやり続ければ稼げますよ。

これは成功した人が共通していってることです。

 

ただ、この人生100年時代において、稼ぐためにはいままでの

価値観とは違うものが必要だとわたしは思うのです。

それがこれからの人生100年時代の生き方だと思います。

 

まず、情熱を傾けられることをする。

生活をするためにお金を稼ぐことに情熱はあります!

ではなく、

やること自体に情熱を注げるかどうか。

です。

そして、自分の価値観を大切にして働く。

ことです。

最後に、自分の強みを認識して、それを発揮することです。

 

まずやること自体に情熱が持てるかどうか。

厳密にいうと「やること」というよりも「やること」に繋がっている

目的に情熱を注げるかどうかです。

手段としての「やること」はどんどん変わっていっていいというのが、

いまの時代のあり方です。

ひとつの「やること」に固執しない

 

次に、自分の価値観をちゃんと知るということです。

僕は最初、自由と言うことを自分の価値観に掲げていました。

するとサラリーマンを辞めた途端その価値観は手に入りました。

でも、その自由の裏側にあった本当に大切にしたいことは違ったんですね。

自分ひとりが自由でも、他のみんなが不自由だったら何も幸せにはならない

つまり社会の自由。それは一人一人の自由ではなく、社会への貢献なんですね。

多くの人からなる社会全体が自由でなければならないと思っているんです。

そして、自由の考え方は一人ひとり違います。

だからそこに言及するのではなく、

社会全体がいい社会でないといけないと思ったのです。

だから、命を大切に、他人に優しくなれる、

そんな社会にしたいと思っています。

 

最後に、強みですね。

自分の強みを正しく知っておくことです。

スキルとしての強み以外に、人間としての強みが大切です。

それこそ、「優しさ」とか「まじめさ」です。

人によって「まじめさ」の内容もそれそれ違うと思います。

自分の「やさしさ」は何かを正しく多角的に視野高く、

理解することが重要だと思います。

 

これを続けていけば、人生100年という長い時間もやりがいや

幸せで生きていけると思います。

お稼ぎになるお金は貯めるのではなく、いい使い方を考えましょう。

そしていくらあればいいか。

お金優先ではなく。

やりたいこと、ありたい姿優先で。

社会貢献はお金でなくても出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA