まるポテ日記 20 「適当って最強」

僕はものごころついたころから

適当でした。

適当というと、ええ加減なやつ。

と思われるかも知れませんが、

はい、その通り。

システム部門に居たときも、

あのシステムいつできるの?

と聞かれても、

さあ、できるときにできるんちゃう?

なんて言ってたし、

色んなことを忘れましたが、

「中野はええ加減やな!」

と、よく言われました。

これもいい加減!?笑

適当だから覚えていない。

 

まず100%を目指しても、

最期の詰めにリソースの50%を使うのは

もったいない!もったいなさ過ぎる

たぶん、当時からアジャイル志向。

とりあえず大体できたらリリースして

何かあったら全力でリカバリーする

その方が健康的。

残り20%に拘って50%リソース注いで、

96%だった。

逆に4%から出たエラーは見つけにくい。

対応しにくい。

と思ってるんよね。

 

たぶんそういうやり方が大嫌いな人もいる

ので、黙ってやるけど。

はい、100%です!とウソついて笑

 

とにかく適当が一番。

僕はそう思います。

というか、できないです。

96%も70%も100%でないことには

変わりない。

だったら僕は迷わず55%だ。

下がっとるがな笑

適当に生きてもそんなに敵はいないんですよね。

逆に100%の人の方が敵を作るんじゃない?

すいません、

とりとめもなく

論理性もなく

説得力もなく

終わります…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA