たのしく、はたらく

いろいろなキャリアの形を応援します

記事

ブログは続かないが、悪い習慣は断てる 人生100年時代と言われるけれど 逃げることも大切なキャリア自律

関連記事

イベント情報


CarryCareerのきゃりきゃりチャンネル

空宗チャンネル

キャリアあっちゃんねる


わたしのこと(プロフィール)

中野 あつし

1962年2月1日 大阪生まれ、奈良育ち
1984年 関西大学商学部卒業
1984年~2018年 株式会社千趣会在席
2018年2月 同社退職(希望退職)
2019年2月 個人事業主として活動開始
現在に至る
保有資格

国家資格キャリアコンサルタント

交流分析士2級

ポジティブ心理学公式ファシリテーター

フリーランス&パラレルキャリア支援アドバイザー

お仕事

1on1キャリア相談

キャリアに関する研修・セミナー講師

ポジティブ心理学ワークショップ

シニアモデル

【わたしの特性・つよみ】

VIAつよみテスト】 ①公平性 ②好奇心 ③スピリチュアリティー ④寛容さ ⑤リーダーシップ

ストレングスファインダー】 ①最上志向 ②共感性 ③ポジティブ ④未来志向 ⑤成長促進

【わたしのミッション ①不思議を知りたいからやる ②シンプルに生きることを伝える ③人の力をつなげる

【わたしの行動規範】

① 他者も自分も善である

② 自分のみに起こることはすべて自分事

③ 人は不完全である、だから埋め合おう

④ 自分には嘘をつかない、もちろん他者にも

⑤ 楽しもう、明るい面からみるようにしよう

47歳の時、マネージャーを降格になりました。自ら降りました。

原因は一つではなく、様々なことがわたしの神経をすり減らしていきました。

深夜休日関係なく発生するシステムトラブルの対応、マイクロマネジメント上司との確執、自分自身の管理能力の低さ。

毎週月曜日の部会で毎回執拗に責められ、ついに1年半経過した時に限界がやってきた。

思考は停止し表情はフリーズしていることが自分でもわかった。意味もなく涙が滲みだす。

そんなことが続いたある日。

駅前に車を止め、歩き出すが足が会社に向かない。動かない。電話を入れてズル休み。

家に帰るにも帰れない。

その時に向かったのが、なぜか奈良の唐招提寺でした。

その時見た光景が、小学校4年の時にいった遠足の風景と数分違わないことに衝撃を受けた。

いままで奈良になんの感情も郷愁もなかったのが一気にはまってしまった。

会社では閑職になり、自分自身も自信を失い負け犬のような日々を送っていた。

だけど、土日や平日もせっせと有給休暇を消化し奈良巡りを始めた。

そこから3年間、奈良巡りをすることで、歴史と繋がり、自己再生することが出来た。

人生はまだまだやり直せる。

いままでの給料や地位などに自分自身の評価をスケールするのとは違う人生の歩き方がある。

そう確信した。

その後、人生の点は繋がり、35年ぶり50歳での記念の中学の同窓会を主催することになった。

そして人事異動になり、キャリアコンサルタントの養成講座に通う。

資格を取得し、キャリコンのグループを作り、パラレルキャリアの道を歩き出し、多くの人と出会い、

そして希望退職に手を挙げて、フリーランスの道を歩き出した。

人生の点は繋がって、「自分の直感を信じて歩けば人生は開かれる」という確信を得ました。

いまも直感を大切にし、お金よりも自分の内面が喜ぶことに全力を費やして人生を歩いています。

これが私の「コネクティング・ザ・ドッツ」です。

フリー素材

※ご自由に使用ください。(神戸異人館メディウム邸にて)

※カメラマン 岸本將裕さん