お金だよ、この世は?

仕事を志事に。

働くことで幸せを実感できるような社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

今日は、私が代表しているキャリアコンサルタントグループwellbeingのメンバーのますださんから、「お金の不安について話して」とリクエストがありましたので、それをテーマに書きたいと思います。

ネタ切れ?

助かります、ネタ提供(^^♪

 

お金の不安について。

この話は私の超個人的な考え方です。

ふーん、そんな考え方もあるんだ~くらいで受け流しておいてください。

 

私の仕事へのモチベーションは、

借金してまで欲しいものを買い、その借金を返すこと。

30代後半の頃には借金を毎月5万円以上返済していました。

返済の中身は利子ばかりです。

わはは。僕の人生は利払い人生だったのです。

 

最近知った「行動経済学」というジャンルで、著名な「ダニエル・カーネマン」氏が唱えた『プロスペクト理論』で「人は得れる利益より、失う損失の苦痛の方が数倍大きい」と解明されています。

私はこの理論を知る前から、お金を貯めてそれを取り崩していくときの恐怖心を知っていたのです(笑)

だから貯金をしないのだ。

失う恐怖心で人生が小さくなってしまうことよりも、

借金をして返していくという前向き(!?)な原動力を選んだのです。

さすがに人生50年超えると借金はしませんが、毎月幾らあったら最低限生きていけるのかをベースに考えています。

希望退職と同時に最大の負債、自宅を売りました。

あんなもののために人生を小さく過ごしたくありません。

その代わり、親と同居して大変な思いをしています(笑)

いまは無借金経営ですが、貯金もありません。

定額の収入もありません。

ですが、楽しく生きていく自信はあります。

 

何のことかよくわからないが、お金なんてなくても何とかなる。

それが今日の結論ですね。

 

あ~皆さんからの反響が不安(^^;

コメント

  1. お金は必要であるが、貯める必要はないと思います。
    なぜなら、考えたくはないが、人間は明日に死んでしまう可能性があるからです。
    それは、年を重ねるごとに確率が増していき、50歳を越えるとどんどん増していきます。
    今の人生を楽しく生きるのが大事だと思います。

  2. まったくその通りだと思う。
    村上さんも、もう50歳?
    早いもんだねぇ~