まるポテ日記 30 「医食同源」

医食同源という言葉があります。

食べるものと医術はともに人間が健康であるために欠かすことのできないものである。

という意味です。

昨今は医ばかりが取りざたされていて人間が持つ本来の力を高めることを怠っている

のではないかと思います。

僕も以前は、美味しいものを食べられるのは生きている間だけ。

と言って、

 

大好きな甘いモノ(菓子パン、スナック菓子、ジュース)

時間がない時はコンビニで弁当

手軽においしく食べられるファストフード

濃い味がたまらんといってソースやマヨネーズを塗りまくる

やっぱり肉が美味しいなぁと、安い肉をたくさん食べる

 

そんな食生活を繰り返してきました。

幸いに大きな病気になったことはなく、医の方にもお世話になることはなかった。

 

ただ、高校生の頃から、アレルギー性鼻炎

30歳を越えてからパニック障害

50歳を越えてから虫歯

いまだにアレルギー体質

とちょっと変だなと思っていました。

きっと「医食同源」の食だろうなとは思っていました。

 

日本人の半分はガンになる

と聞かされても、仕方ないんだろうな、美味しいモノ食べてるしな。

と諦め顔でした。

だから甘んじて半分がガンになることを受け入れていた。

ならない半分は運しかないと。

 

色んな本を読んで知っていたにも関わらず。

甘いモノや美味しいモノ、手軽なのもの。

が本当に体によくないってこと。

 

食品添加物、農薬、トランス脂肪酸、白砂糖。

知ってるけど知らんふり。

わかっているけどやめられない。

痛い目に合わないとやめられない。

 

でも、そうは言ってられなくなりました。

やりたいことがまだまだたくさんある

60歳、もう好きなモノはたくさん食べてきた。

改めるのはいましかない

そう思って、まずは「断甘」にチャレンジしています。

100%砂糖をやめるのは無理。

だから、内容物でどう考えてもこれは50%以上は白砂糖だろと思うものは買わない

とか、自然の無精製の砂糖だったらOKとか

自分でコントロールするようにしている。

減甘・減糖といった方が正確かもしれない。

ただ意識的には断甘

ガンになるのが怖いのではない。

ガンになりたくないのです。

社会保障費を圧迫するから。

家族に迷惑をかけるから。

お金を稼げなくなるから。

なんといっても、

犬猫や動物保護の活動が出来なくなるし、

我が家の3頭の猫の面倒を見れなくなるから。

 

それに加え、食品添加物も摂らないように意識しています。

これは、意外と簡単。

コンビニで何も買わないこと。

お昼食べるところがなくて、どうしてもお弁当を買うしかない場合は

コンビニ弁当やスーパーの弁当ではなく、ほかほか弁当などの弁当屋で買います。

コンビニ弁当やおにぎり、菓子パンの類はもう買わない。

外食する時はチェーン店は極力入らない。

ファストフードも食べない。(モスバーガーのソイモスだけは食う

蕎麦屋かヴィーガン系のカフェがあればそこに入ります。

 

前回も書きましたが、毎日みそ汁

めっちゃ腕上げてきました!

出汁を取るのに使った昆布とカツオを甘く煮て昆布の佃煮もおススメ。

ゴミも全くでない。

 

小さいことから変えていく。

毎日を変えていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA