まるポテ日記 29 「やれることからやろうよ」

やれないことにスコープしても仕方ない。

やれることからやりましょう

これは、私のお友達のポジティブ隆太さんの言葉です。

 

彼は17歳の時にバイク事故で左足をひざ下から失いました。

脚の切断から三日間は泣き叫んだそうです。

生活できるのか?仕事できるのか?歩けるのか?

ないことばかりにスコープして不安になってた。

ところが仕事の師匠が見舞いに来て

「じぶんでやったことだろう」と言われ目が覚めたそうです。

やれないことより、この状態でやれることにスコープしよう。

そうおもったそうです。

すごいですよね。

17歳で片足を失って4日目。

そんな風に思えるのか。

たぶん1年くらいは落ち込んで、

足があったときは。。。と

泣き暮らしてたでしょうね。

 

で、いまの皆さんはどうですか?

やれないことばかりにスコープしていませんか?

僕もそうでした。

自分には根性がないから。

自分には才能がないから。

自分には時間がないから。

自分には資金がないから。

だから新しいことにチャレンジできない。って。

 

できることからやろう

そしてできる範囲でやろう

そう思って色んなことにチャレンジしています。

小さい小さい。誰にも気づかれない。

ホントに小さいことです。

目標とすることから比べると小さすぎて見えない。

そんなレベルからやっています。

 

いまの人生の目的は、「日々楽しく生きること

それを達成できればいい。

自分にはちょうどいいサイズのチャレンジを繰り返して

いこうと思います。

小さすぎて見えないのですが、

「これ、もしかしたら中野の新しい挑戦?」と思ったら

そっと聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA