猫好きシニア CネコバカO 活動日記のページへ

ポジティブに生きる

物事の捉え方や考え方に「ポジティブ」と
「ネガティブ」があります。

わたしは若いころから「中野はポジティブやな~」とよく言われていました。

それはある一面ではそうかも知れないけれど、こんな一面もあります。

 

数年前に(もしかしたら今もそうかもしれませんが)、

東南海地震が30年以内に70%の確率で発生するというニュースが流れましたよね。

実は、わたしそれに対してはとてもネガティブで、

地震が来たらショックで死んじゃうんじゃないか?とか

海抜の低い地域に行った時は、津波に呑まれてしまうので、

周りに高いビルがあるか必ず確認していました。

夜眠るのも怖い時期がありました。

これに関しては超ネガティブでした。

 

もちろん、他のあらゆる面ではポジティブであったことは間違いありません。

借金は返せる。

大病にはならない。

人生はうまくいく。

フリーランスになれば最高の人生が送れる。

どれも確信しています。

 

ですが、すべてがポジティブである人なんて居ないと思います。

全てをポジティブに生きるなんてことは出来るわけがないんです。

 

他にも20年以上不安神経症で電車に乗れなかったり、

他人の言動によって「わたしは避けられている」とか深刻に考えたり、

大きなネガティブから小さなネガティブ、そして疑心暗鬼、のオンパレードです。

 

どちらもあっていいと思います。

東南海地震が来たら、と考えるよりも、来るかも知れないけど、来ない確率の方が高い。

来るかも、来るかも、とネガティブなことばかりにスコープしているとそのことが頭から離れなくなる。

ネガティブ探しではなく、ポジティブ探しの名人になりたいと思います。

 

悲観論者はあらゆるチャンスに困難を見出す。楽観主義者はあらゆる困難にチャンスを見出す。

イギリスの元首相 ウィンストン・チャーチル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA