猫好きシニア CネコバカO 活動日記のページへ

自分のキャリアの物語を作りましょう

自分のキャリアを振り返る。

 

私は、

47歳の時にチームマネージャーを降格になりました。

思い出したくもない過去。

当時、それは最悪で、それからの数年間、ネガティブを引きずり自己否定を重ねました。

これが当時の「点」の出来事としての感情です。

 

ただ、それから数年経たいま、

そのことに関していまの自分に、どのような影響を与えているか?

それをポジティブに分析します。

 

  • 大きな転機だった。
  • 社内だけを考えていたキャリアから将来の会社ではないキャリアを考え出した。
  • 奈良検定2級を取得し、将来は観光タクシーをやろう。
  • そんな淡い希望を見出していた。

 

振り返って思うことは、

その出来事は、今のキャリアの礎になっていること。

 

そして、奈良巡りをきっかけに中学の同窓会、コミュニティ作りへの興味、場を和ませる力の発揮。

先のブログで書いた「いなかっぺ大将」の大ちゃんはいまの場を和ませる力の源泉になっているのかもしれない。

いままでのキャリアの振り返りをすることで、点だったことが線になってつながってくる。

これが「自分を知る」ことになります。

 

今から思うと、あの悪夢のマネージャー降格は、

必然の出来事だったんだと思える。

 

自分を知り、自分を受け入れていく。

そんな素敵な振り返り。

皆さんもいい物語を創るつもりで、ご自分のキャリアを振り返ってみてはどうでしょう。

何度も何度も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA