猫好きシニア CネコバカO 活動日記のページへ

全力キャリア

この歳になって、全力で走っています(笑)

もう楽しくて楽しくて、面白くて仕方ない。

やりたいことって、こんなにたくさんあるんだ。

40代後半の僕は、やりたいことがなくて途方に暮れていました。

単に知らなかっただけなんですね。

知らないって怖いですね。

でも、知ることが怖かった。

どんな人が居るのか。どんな罠があるのか。

人間には現状維持バイアスがあって、基本的には変わりたくないものなんです。

だから新しい環境に身を乗り出すのが怖いのです。

自分が居る範囲の中で出来るものを探す。

そんな感じだったので何も見つからなかったんですね。

当たり前の話ですが。

 

30代後半くらいだったかな?記憶が定かではないのですが。

大学の同級生が薦めるので、異業種交流会に参加してみたことがあった。

一言で言うと、値踏みのし合い。

どこの会社に勤めてて、何をしている人なのか?

その人のキャラクターというよりもそちらの方が気になる。

わたしがそうでした。

すべては外的なキャリア。

楽しいはずもなく、たった1度きりの参加でした。

 

それ以降、そういう外の会に出たいとも思わなかった。

基本的に引っ込み思案の性格なので気後れする。

 

いまは、その人がどんな人なのか、とても気になる。

どんなビジョンを持っている人なのか。

どんな活動をしている人なのか。

どんな価値観の人なのか。

だから気後れもせず近づいていって、いくらでも話かけることが出来る。

一期一会と言う言葉の意味が何となく分かってきたような気がする。

いまこの瞬間、通り過ぎたら一生会えない人ってことです。

新しい人と会う瞬間は神経研ぎ澄まして逃さないようにしています(笑)

だって、もっと楽しくなるかも知れない人生を逃してしまうかも知れないからです。

機会もそうです。

誰かから何かをして欲しいと頼まれたら、ほぼ嫌とは言いません。

全部受けます。

もちろん、自分のビジョンと合わないものはお断りしますよ。

 

中野、忙しそうで結構儲けてるんやろな。

そんな風に思っている人も居ると思います。

まったく儲けていません。

大赤字です(笑)

全力キャリアの軸はお金だけではないからです。

そんな甘いことで生きていけるのか?

それも昭和のセリフです。

お金が無くて死ぬことはありません。

日本には生活保護という制度があります。

 

昨日、2億円という資産を築いてアーリーリタイアしたやっさんとClubhouseで話してました。

2億円持っているアドバンテージって何?って聞いたら。

そんなものはないと仰っていました。

まずお金に相応しい人間になってから稼がないと、単に自分を壊すか、人から見て嫌な奴にしかなれませんよ。

 

決してお金を否定しているわけではないです。

お金を軸に考える発想をやめませんか?ということです。

お金なくても死にません。

数億円あっても自分が潰れるだけです。

全力でやりたいことやってる自分を信じることが大切なんだと思います。

お金を儲けるレベルになってから、それに相応しいお金が入ってきたら、それはそれで鬼に金棒です。

良く聞く言葉ですが、

お金で幸せは買えない

ってことです。

 

全力キャリアのキャリアコンサルタント、中野あつしでした(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA