50代へのメッセージ ~前職の同僚から~

50代へのメッセージ ~前職の同僚から~

キャリア

昨日前職で同僚だった吉田加奈子(すぅ)さんと、退職後初めて2年半ぶりにZOOMでお話しました。

4年前、在職中にキャリア研修を受けていただき、その後キャリア面談をしました。

その時に、自分の夢を語っていただいたのですが、どうもなかなか実現は難しいかな?と感じました。

彼女の心の中にまだ戸惑いとか吹っ切れなさみたいなものを感じたし、他人事のように話されている感じがしましたし、実現のサイズも大きかったのが気がかりでした。

その後、私と同様に2年前の希望退職で会社を辞められたのです。

 

いま彼女は自宅で天然酵母パンを中心とした料理教室をされています。

毎回ほぼ満席となっているようでとても充実した日々を送られています。

 

昨日ZOOMで最初に、「どう?今の幸せ度は何点くらい?」って聞いたら

100点!って返ってきました(^^♪

皆さん、どうですか?自分の今を100点って言いきれますか?

僕ですら98点!ですね(笑)

 

退職して2年半。その中で一番彼女のキャリアに影響を与えた出来事がすごく腑に落ちました。

退職して数か月して、穂高養生園というリトリートの施設に単身武者修行に行かれたそうです。

ここのスタッフはほとんど20代、30代の若い方たちで最初馴染むのにすごくつらかったそうです。

彼女曰く、「価値観をすべてぶっつぶされた」「わたしは小さな人間だと思った」そうです。

逆にこの時の経験が今に大きく生きているんだと思います。

「気軽に行ったのに、えらい目にあった」そうです。

たった一人で遠く離れた場所、同じ屋根の下で20代30代の若者と打ち解けずにいる50代。

どうですか?皆さんは耐えれますか?

僕は無理かもです。

ここまでの強烈な経験は必要ないかもしれませんが、これぞ越境体験なんです。

いままで会社ではベテランで、ある程度仕事も任されていたし、出来て当然、かといって新しいことに挑戦することもない。

コンフォートゾーンを出て、固着化した関係性、固定化した認識を打ち崩す経験をすることが本当に必要だな~とまた実感しました。

そしていまは彼女は、幸せ度100点満点の生活をしています。

 

自宅での天然酵母のパン教室。

在職当時に語られていた夢のサイズとは違い小さなものです。

で、聞いてみました。

あの時の夢はまだ考えてるの?って。

「全然考えてないです。このサイズでとても居心地がいいんです。いまさら大きなものを背負いたくないです。」

 

こちらホームページ

そしてプライベートでは、50歳から始められた登山を楽しまれています。

高いところ苦手な僕ならこの状況では意識を正常には保てない

 

是非、こんな彼女の天然酵母パンの料理教室に興味ある方はエントリーしてみてください。

 

最後に同世代に対してメッセージをいただきました。

「人生は短い。やりたいことやらないと。50代、びびってる時間がもったいない。」

多分これは、3年前の自分に贈っている言葉でもあると思います。