いまの時代はカラーが強すぎて、50年前は優しいセピアな世界だった気がする

いまの時代はカラーが強すぎて、50年前は優しいセピアな世界だった気がする

わたしごと

昭和40年代。

わたしは大阪の八尾に住んでいました。

生まれ育った家は長屋。

玄関あけたらすぐに台所があって、そしてちゃぶ台のある居間。

4畳半一間。そしてその奥にも同じような部屋が一間。

家の中にモノなんて何にもなかった。

テレビが家に来たのは6歳か7歳の頃だった。

近所に最初にテレビを買った友達の家があって、みんなその家に行って見てた。

家の前にはドブ川があって、ちょうど身体がすっぽり入るくらいの川幅だった。

一度、下半身ずっぽり落ちたことがあって、その匂いはいまでも忘れない。

ずっとこびりついて鼻から離れない。

 

それからたった10年ほどで、モノはあふれかえり、娯楽は多様化して、楽しい青春時代を送れました。

たった10年ほどで世界が変わったような気がします。

改めて思い返してみると、あんな時代があったんだ。

 

いま、コロナで大変な状況ですが、あの時のことを振り返ると、なぜか不安がふっとぶ。

どうせわたしは何も持っていなかったんだ。

この健康な心と身体さえあれば、幸せはまたいくらでも創り出せるって思える。