肩書のない人生

キャリア

実はわたし、

最近まで、

肩書というものにこだわってきました。

サラリーマンのなごりですかね?

自分がなにものかにならないといけない。

そんな思いがあったのかもしれません。

 

会社辞めていま何やってるの?

って聞かれた時に答えないといけない。

明確に答えることが出来ない自分がいた。

それが自分でももどかしく思えた。

ひとことで分かってもらえる何か。

 

探したが見つからない。

 

自分でも何をやっているのかよくわからないことが

多々あります。

ある日は、セミナー講師。

ある日は、大学のキャリアセンターの支援員。

ある日は、フリーランス協会のプロボノメンバー。

ある日は、人を紹介している。

ある日は、30代の方とキャリアについて語っている。

ある日は、40代女性のキャリアコンセルティング。

ある日は、保護猫ちゃんと一日戯れている。

 

そもそもサラリーマンしているときも仕事内容よりも

どこ勤めてるってことの方が大切なメッセージだった

ような気がする。

営業、システム、人事。

まったく関係のない部門を渡り歩いたわたしとしては

千趣会マンとしての自分が一番しっくりした。

 

いまはだから、中野マンとしての自分なのかな?

 

ひとさまのキャリアや人生に関わっていけることであれば

なんだってする。

キャリアのなんだってするマンなのかもしれない。

 

専門的な知識や資格なんてものは、たいして役に立たたない。

最後に役立つものは行動力だけだと思っています。

 

肩書のない人生は、

とらわれのない人生。

 

枠にはめない自分が一番しっくりしているのかもしれない。

 

楽しく働くための1DAYセッションを受け付けています。

気楽な50代、60代を生きるお手伝いをさせてください。

楽しく働く

 

コメント