「LIFESHIFT」自己の再創造 ひとつの決意

「LIFESHIFT」自己の再創造 ひとつの決意

キャリア

皆さんは、LIFESHIFTという本はご存知でしょうか?

この本との出会いは、2017年5月、55歳の時でした。

いまから3年前。

振り返ってみるとここ3年間の私の行動は、このLIFESHIFTという本に

かなり影響されています。

 

このLIFESHIFTという本を教えてくださったのは、

いまでも「今の時代を知る先生」と慕っているワーシャルの中西さんです。

ナレッジサロンでの偶然の出会いでした。

いまでもナレッジサロンのアーカイブに残ってたのでリンク貼っておきます。懐かしい!
ナレッジサロンのホームページ

 

人生100年時代という言葉が生まれたのはこの本からですね。

長寿の社会がもたらす影響で社会は大きく変わっていく。

学ぶ→働く→余生という3ステージの人生ではなく、選択肢が複数ある

マルチステージの時代が来るというところに衝撃を受けました。

ちょうど、わたしが

キャリアコンサルタントの勉強会グループを立ち上げたときでしたので、

そのことはとても理解できました。

自分自身、54歳の人事異動でいままで縁のなかった人材開発に携わることになった。

学び直しが必要である。

 

わたし自身が長い人生をと!とは思わないが、

90歳まで生きる可能性はある。

当時55歳。

まだ35年もの年月が残されている。

その年月は、22歳から60歳まで働いたと仮定して、

働いた時間よりも多い余生の時間が残されていることになる。

長い時間を実感して衝撃を受けた。

 

わたしは貯金がいっさいなかったので、

40代後半頃から、生涯働いてお金を稼ぐことは必要だと思っていた。

その手段として考えたのは、奈良の観光タクシーの運転手だった。

とにかくすぐにお金になる手段しか頭には浮かばなかった。

 

54歳、越境してみて感じたことは、

世の中のことを知らなすぎる!

 

キャリアコンサルタントの技術を習得するより、

自分の知見を広げることが先だと思った。

知見のない人にキャリアの相談をしたいだろうか?

自分に還って考えると、そう思えた。

社内のキャリアカウンセリングだったらそれでもいいかもしれない。

しかし、この先、社内だけに留まっている場合ではない。

わたしは、キャリアコンサルタントは未来の仕事だと思った。

変革の時代とは言うがまだそれほど多くの人がその波にのまれている

わけではない。

なんだかんだ言っても、変革の時代ということは、

まだまだ一部の人間しか感じていないことである。

 

だから5年以上先のことをイメージしていた。

ひょっとすると10年後になるかもしれないと。

LIFESHIFTの波が多くの人にやってくるのはまだ先だと感じていた。

 

そしてわたしは、自分自身のために、

将来やってくるLIFESHIFTの波に飲み込まれないように、先手を打った。

 

長寿と言う贈り物が自分にとって恩恵になるためには、

柔軟性を持ち、新しい知識を獲得し、新しい思考様式を模索し、新しい視点で世界を見て、力の所在の変化に対応し、ときには古い友人を手放して新しい人的ネットワークを築く必要がある。

 

そしてわたしは、56歳で第2のキャリアに向けての探索者となった。

フルタイムの仕事における休みなき労働という足枷から解き放たれて、精神を自由に羽ばたかせるのだ

2年間、自由に羽ばたかせた。

年齢関係なく、背景関係なく、感性の赴くままに顔を出して繋がりまくってみた。

はしゃいで跳ね回る。

まさに、そんな感じ。

未知の行動に踏み出せたことによって、その経験から学ぶ機会が

ふんだんに増えた。

古い習慣や行動パターンを問い直し、固定概念に疑問を投げかけ、人生のさまざまな要素を統合できる生き方を実験する機会

になった。

 

まさにここまでLIFESHIFTの本通りに動いているではないか。

 

そして、新型コロナウイルスの感染拡大の伴う社会の変化。

変革の時代の波は一気に縮まった。

5年先、10年先と思っていたことがもう目の前に迫ってきた。

 

いよいよ、わたしは探索者の時期を終え、自分の使命に

突き動かされなければいけないと考えました。

いままでは、わたしは個人主義の自立段階であったが、これから先は

人と自然の共生のために、自分にできること。

ハチドリのひとしずくのごとく、やり始めることにしました。

 

まず、自分の知見を同世代の人と社会のために使いたい。

そんなことを考えて、コロナウイルス対策として2500円でキャリアコンサルティングの

セッションを行うことにしました。

もちろん、それだけでは私自身の持続可能性が失われてしまいます。

キャリアコンサルティングをきっかけに自分自身の「楽しく働く」を考えていただき

次のステップとして3か月間のフォローアップパッケージを販売することにしました。

インプットとアウトプットを繰り返して自身の第2のステージに進んでいただける

そんなパッケージを提供します。

 

是非、皆様のまわりに迷える40代、50代現役会社員の方がおられたらお勧めしてください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/g5zqt

 

これは私自身の次のステップであるwin-winの関係性を築くための最初のステップ

としたいと思っています。

私はこの3年間の知見をお伝えして、皆さんの人生のフォローをさせていただくと

同時に自分自身のもうひとつ大きな自己の再創造を手に入れたいと考えています。

 

よろしくお願いします。

 

ジミーより10歳年上

3.5シナリオを歩き続ける