ミドルシニアのキャリア自律が急務 ~Well-beingな社会のために~

ミドルシニアのキャリア自律が急務 ~Well-beingな社会のために~

生き方・働き方

ミドルシニアのキャリア自律が急がれていると感じています。

前の投稿で書きましたが、自分の身にリストラが起こった時に

どうするか?

真剣に考えているミドルシニアはどれくらいいるのでしょうか?

例えば50歳でリストラにあったとすると、サラリーマン人生は

残り20年!

これは長いです。

 

この20年をどう過ごすかによって、70歳からの人生が大きく変わると

思っています。

とりあえず目先の収入をメインに考えたキャリアは危険です。

2度目の転職、3度目の転職という風になった方々をいっぱい知っています。

歳を取ってからのキャリアサバイブは大変です。

おまけに、70歳まで働き続けることもむつかしくなるのではないかな

とも思っています。

 

そして、もっと問題と思っているのが、現在就業中の企業において

そこそこの地位や経験がありながら、新しいこと、自分には想像

できないことを拒否する姿勢ですね。

 

これは若い人の芽を摘むことにもなりますし、自分自身の新しい

挑戦にも自分でストップをかけてしまいます。

 

せめて、自社の若い人から、自分には理解できないような仕事の

相談があった時には真摯に耳を傾けてほしい。

なぜそれをやることに意味があるのか?

その意味は自社にとってどういうメリットがあるのか?

 

そのメリットを理解できないなら勉強すべきです。

時代の価値観は変わっているので今までのフレームだけで判断しては

危険ですし、状況は何も変わりません。

 

ミドルシニアのキャリア自律。

これは急を要する重大事案だと考えています。

 

いろいろと動いていこうかなと思います。

今日はこれまで。では、また。