人生は55歳からうまくいく ~今日は国際女性デー~

生き方・働き方

ご存知ですか?

今日は「国際女性デー」なんです。

 

コロナウイルスの影響で、

ONLINEで聞ける、見れるという、

貴重な機会を得れることが出来ました。

 

今朝は朝から喉が痛く、体がだるく、鼻も火が付いたように熱い。

そんな「コロナか!?」状態がお昼まで続いていました。

花粉症のなり始めも、いつもこんな症状なので、恐らく花粉症だと思います。

 

テーマは「Happy Woman FESTA」。

僕のHappyWomanと言えば、島田由香さん。

そして、前野先生とマドカさんと、島田由香さんの対談を聞いていて、

体調がよくなりました。

不思議ですよね~(笑)

3人のHappyPower!

そして由香さんのHapiビル構想。

いいですね~、僕も入居したいです!

 

その対談の中で仰ってた、「どうすれば視野を広くできますか?」って質問。

メタ認知などと言う言葉で言われますが、ピンとこない。

しかし、前野先生の言葉がすごく刺さりました。

 

多様さを体感すること。

多様な人と接すること。

 

前野先生はアメリカに留学した時のことを仰ってました。

もっと「かっこいい顔」になりたいと思っていたが、

アメリカに行ったときに、とんでもなくかっこいい顔から、そうでない顔まで

その幅がとんでもなく広く、多様だったって。

そんなことはもうどうでもよくなったって。

面白いなぁ。

 

視野が広がることを経験すると、いま思っているちっぽけな悩みはなくなります。

そういう状態をどう創り出すか?

そう、多様な人と多様な経験をすることで培われるんだって。

 

あえて視点や視座を変えてみることは生きる上でとても大切なことだと思いました。

 

私自身、55歳の役職定年という人生の岐路に立った時、

残りの人生がまだ30年あるとすればという仮定の上で

幾らお金があれば生きていけるか?

が一つのテーマでした。

EXCELシートでお金の計算をしては、あまりに膨大な金額になり

不安になっていました。

 

しかし、人類うん十万年の歴史の中で、僕の人生の30年ほどの未来。

これからどうなるかなんてわからない。

EXCELのシートの中にはわからないことがたくさん漏れている。

 

30年×年300万円+非常時のお金300万円=約1億円(^^)/

 

僕の視点は、

架空の1億円という数字に押しつぶされそうになっていました。

 

そして僕の視座は、

ありもしない一定条件の世界というかなり狭いものの考えの中で思考していました。

 

その間に起こる社会の出来事

その間に変わるお金の価値

その間に変わる私の人生観

 

そういうものが一切入っていないその値には何の価値ももたない。

ってことです。

 

国際女性デーは、コロナウイルスでオンラインになりました。

ポジティブに捉えると、コロナのおかげでこの機会を得ることが出来ました。

コロナウィルスの影響はネガティブなことばかりだと思わず、

これからの社会を変えていくために

ポジティブな捉え方も大切だと思います。

【LIVE】オンライン国際女性デー|HAPPY WOMAN ONLINE FESTA 2020|10時から18時まで8時間の生配信!

6時間28分頃から、島田由香さんと前野隆司教授、奥様の前野マドカさんの対談です。

是非ご覧ください(^^♪

 

コメント