猫好きシニア キャリアを語る

人生は55歳からうまくいく ~変わらなければいけない症候群~

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できる社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

このままではまずい。

変わらなければならない。

という強迫観念を持った時期もありました。

 

なまけ癖。続かない。興味があちこち飛ぶ。性根がない。自信がない。

 

こんな俺ではダメだ。

 

けど、大丈夫。

変わらなくても、変わります。(なんかわかりにくい表現だけど、そうなんです。)

 

しかし残念ながら、私はいまでも怠け者です。

集中しても1時間ほどしかもちません。

重要なことからやりますが、なかなか気持ちが続きません。

気分転換の散歩なのに、そのまま帰路についてしまうことが多々あります。

やる気がない時は何日も、緊急なこと以外はやりません。

そんな時は、四郎君と戯れています。

 

続かない。

いまでも色んなことに手を出していますが、基本続きません。

続いているのは、やっていて楽しいものだけです。

そして興味もあちこち飛びます。

私の人生には、続かないことの「ゴミ」がたくさんあります。

 

そして性根は、いまでもないでしょう。

根性という言葉は好きではありません。

嫌なことは逃げたいですし、やりたくありません。

歯を食いしばってやるなんてナンセンスです。

 

恐らく、昔から知ってる人は僕を見ても何の違和感もないでしょう。

変わっていないですもん。

けど、周りの環境だけが大きく変わりました。

 

変えたわけではないですが自分の中で変わったものはあります。

それは、自分の中のフレームです。

ものごとを考えたり捉えたり、アウトプットしたりするフレームです。

これだけが大きく変わったと言えます。

それは、「変えなければならない」と思ったのではなく、

自然と「変わっていったもの」なんです。

 

自分の中のフレームが変わると自然と周りの環境が変わっていきます。

激変です。

 

「変えなければならない」のでしょう?

そんな強迫観念は不要です。

今のままの貴方が宝物。

その宝を見つけ、正しい方向で磨き続ければいいのです。

そのためにやるべきことは少しあります。

 

自分を正しく客観視する。

自分と正しく向き合う。

そして、自分を認めてあげる。

 

自分の人生の主人公は自分だけです

他人を主人公にしないでください。

 

さあ、本物の自分と出会いましょう!

 

今日はこれまで。では、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA