世界は言葉から成り立っている。という衝撃の言葉。

世界は言葉から成り立っている。という衝撃の言葉。

学び

「世界は言葉で成り立つ。」

社会構成主義という社会心理学があります。

キャリアコンサルタントセミナーを受講した時に、

テキストに掲載されていたこの言葉に衝撃を受けました。

 

例えば、電車というと皆さんは何を思い浮かべますか?

ある人は、新幹線。

ある人は、蒸気機関車。

ある人は、プラレール。

私は長い間、パニック障害で電車に乗れなかったので、「監獄」って呼びます。

パニック障害同士の対話の場においては電車は「監獄」で定義される。

そこで対話している人が合意すれば「世界が形成される」。

 

私は、この一言にすごい可能性を感じました。

まだ全然扱いきれていませんが(笑)

 

「サピエンス全史」でも書かれているように、

力のない弱い生物種のホモサピエンスが、

生態系の頂点に立ったのは、

この言語能力であり、

言葉によって虚構を構築出来る創造力と相まったからである。

 

例えば、会社組織は虚構である。

物理的なものは一切なにもない。

君はわが社の社員だ。

と言われたからその会社の一員になっているだけのこと。

そこに会社という実体はない。

 

まさに、ホモサピエンスという種族は「言葉で世界を構成している」のである。

 

今日はこれまで。

では、また。