9月30日/レッツ55クラブ OBPアカデミアでのイベント開催のご報告

報告

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できるような社会の願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

今回のテーマは『幸せになるキャリアを見つけるワークショップ』。

自分は幸せなのか?

いつもの生活の中ではあまり、「自分は幸せなのか?」って意識しては居ないと思います。

だから敢えて、問いかけてみたいと思いました。

そして、人生の多くの時間を占める、「働く」時間。

働くを中心とした人生の中で、幸せなキャリアってなんだろう。

そういうことを考えていただく2時間です。

 

今回も満員の6名の方をお招きしました。

消費税増税前日の大切な日(!?)に多くの方にお集まりいただき本当に感謝です。

 

今回ご参加いただいた方も、とてもフレンドリーな方ばかりで終始笑いに包まれながら、とてもいい感じで時間を過ごせたと思います。

幸せなキャリアを築くには私は、「自己開示する力」「傾聴する力」「素直に受け取る力」の3つの力が私は必要だと感じています。

その3つの力をワークショップで実感していただけるように設計しましたが、意図は伝わったかな?

もっともっとブラッシュアップしていきながら、このテーマを定番としてこれからも開催していきたいと思いました。

 

幸せになる。

アリストテレスも人生の最大の目的だと言っています。

しかし、本当にそうなんでしょうか?

 

自分にとっての幸せを真剣に考えないと、何が幸せなのかはわからず通り過ぎていきます。

日常のふとした瞬間に感じる幸福感。

何かをやり遂げた時に感じる充足感。

楽しくて仕方ない時間を過ごした時に感じる満足感。

人間にはいろんな感情があります。

幸せに直結するような感情は自分のどこから生まれてくるのか?

生き方やあり方についてもお話させていただきました。

 

枠で考えないで、軸を大切にしていく考え方。

今までの社会は枠を大切にしてきました。

我々50代は特にそうでした。

企業という枠。職場と言う枠。職務と言う枠。就業時間という枠。就業場所という枠。

いままで経験して来た職種という枠。自分に与えられた職務と言う枠。

上司から評価されている自分の能力の枠。同僚との出世競争という枠。

 

枠はこれからの世界では重要ではないような気がしています。

軸があっての枠。

フレキシブルに作り上げていき、時に壊して、作り直す。

そんな枠になっていくのではないでしょうか?

 

だからこそ、軸が大切になってきます。

軸はあり方。

ご自分のあり方を見つめなおしましょう。

 

次回は11月です。

詳細はまだ決めておりませんが近々ご案内させていただきます。

 

今日はこれまで。では、また。

コメント