衝き動かされるというパワーはどこから来るのか?

生き方・働き方

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できるような社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

ここのところお会いする人と、「動けるのはなぜか?」って話題がよく出て来たので、それを今日のテーマにしてみました。

行動変容は人生を大きく好転させるために必要な要素です。

 

私も何年もの間、「動けない男」でした。

いいこと思いついても、まず頭で先を読む。

「上手くいかない」

「笑われる」

「後ろ指刺される」

「失敗すると恥ずかしい」

などなど、あるあるパターンなネガティブ発想にはまってしまいます。

 

ただ考えてみると、自分の仕事の領域では、それが出来てました。

会社の仕事とかは、特に意識をせずとも巻き込んで動いていくからですね。

 

つまり、ここでの「動く」というのは、新しい領域での行動がという定義です。

 

では、なぜ私は出来るようになったのか?

私の場合、最初に動いたのは8年前です。

「中学の学年同窓会開催」が自分の領域を超えた初めての行動だったのです。

なぜ動けたのかと言うと、

「自分にしか出来ない」という使命感があったからです。

では新しい領域に対して、自分しか出来ないと思い込むにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは、自分をそういう状態に持っていくことだと思います。

自分にしか出来ない状態に持っていくには、

常に好奇心を持ちアンテナを張り巡らせることです。

私も思いついてから半年以上は動き始めるのにかかっています。

まずは自分が出来る小さな事から行動するのです。

その小さな積み重ねから偶然の出来事を引き寄せます。

そしてそのチャンスを逃さない事です。

チャンスは普通の顔して通り過ぎる事もあります。

それには好奇心と、柔らかな心と素直な心を持ち続けることです。

チャンスは至る所にあります。

その兆候を掴み取る事だと思います。

掴めば自然と「自分にしか出来ない事」になります。

そうすれば自ずと「使命感」を感じ、動き始めます。

まるで何かに取り憑かれたかのように。

だから、「動け」と言われてもそんな簡単に動けるものではない。

という事です。

 

結論としては、まず自分の「あり方」を整えることだと思います。

自分はなにものになりたいのか?

どんなことをしていきたいのか?

どんなものが自分にとって楽しいものなのか、やりがいを感じることなのか?

言い換えれば自分の「軸」を作ることだと思います。

「軸」によって共感が生まれ、人は寄ってきます。

そして人との絆を大切に思う心が人を魅了していきます。

 

今日はこれまで。では、また。

コメント