「働き方を変えて、変わったこと」というインタビューを受けて思ったこと

「働き方を変えて、変わったこと」というインタビューを受けて思ったこと

2019年9月24日
キャリアコンサルタント

仕事を志事に。

働くことで幸せを実感できる社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

本日、R社の友人から働き方に関してのインタビューを受けました。

働き方を変えて何が変わったか?というテーマで色々聞いていただきました。

 

何が変わったか。。。

物理的には、

 

給料がない

働く時間、場所が自由

 

ということかな。

 

なので、働かなければ収入はありません。

しかし、いま私には働いているという感覚がありません。

まあ、収入もないに等しいですが(苦笑)。

 

人と人をつなぐ。

キャリアについて語る。

人から頼まれた「自分の価値観に合っていて、チャレンジングな仕事」を請け負う。

時間給の仕事をする。

セミナーに参加してワークショップで色んな人と対話をする。

誰かと出会う。

プロジェクト形式で新しい事業の取り組みに参加する。

 

これ、すべて私の仕事と認識しています。

 

今までの会社に勤めていた仕事の感覚とは全く違う。

 

やりたいことをやる。

やりたくないことはやらない。

 

単純にそれだけの違いなのかも知れない。

 

要するに「好きなことを仕事にする」が大きな変化だと思います。

 

「好きなことを仕事にする」と言っちゃうと、好きなことがない私はどうしたらいいの?

ってなるので、ちょっとニュアンスを変えます。

 

「楽しいと思うこと」を続けると「好きになること」が出来て、それをもっと続けると「物心の生きる糧」になる

 

です。

いまは、「物心の生きる糧」にしようとチャレンジ中です。

 

働き方を変えると、変わることは多くあります。

それは生き方も変えることになるんだと思います。

いまの生き方に違和感があったり、不安があれば、働き方を変えることをお勧めします。

 

質問のひとつに、辞められた会社のことはどう思われていますか?

ってのがありました。

 

僕は前職の企業が大好きで、いまでも思いをたくさん持っています。

創業者の考え方が大好きで、その価値観を共有した同僚たちも大好きです。

そしてなにより、その企業の「あり方」が大好きでした。

いま、もう一度、当時の「あり方」を取り戻してもらいたいと思います。

 

女性の一生に寄り添う。

 

その言葉をもう一度、会社の全員で咀嚼し直して、どういう「あり方」を目指すのかを徹底的に対話してもらいたいと思います。

その時は喜んで無償でファシリテートさせていただきます。

 

今日はこれまで。では、また。