大学キャリアセンターの仕事を終えました

諸事

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できる社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

2月15日から4ヶ月半の間お世話になった、母校の大学のキャリアセンターでの派遣業務は昨日で終了しました。

 

最後の日、印象に残ったのは、インターンシップのエントリーシートを見てほしいと来られた3回生の女の子でした。

ネイルがとても綺麗で、あんな素敵なのは初めて見ました。

落ち着いた色合いがセンスを感じました。

また、その指に嵌めてるリングが百合の花のようなデザインでこれもセンスの良さを感じました。

見た目は派手そうな感じの子なんですが、話してると、とてもシャイで落ち着いた性格の女の子です。

就職に対する意欲も感じないのに3回生のこんな早い時期から動いてる彼女にすごく違和感を感じ、こんな質問をしました。

「ここには自分の意思で来たの?誰かに言われて来たの?」って。

すると彼女は俯き、その眼から涙が溢れました。

母が行ってこいと。

親が銀行員で、いい会社に入って欲しいと言われていると。

 

きっと彼女なりに前向きになろうと頑張ってるんだろうな、と思うとこちらまで胸が熱くなりました。

いまの学生の親は我々世代と同じ世代の方が多く、大企業=安定、という呪いに掛かった人が多いようです。

内定貰った会社が小さいので何とか考え直すようにさせて欲しいとキャリアセンターに連絡してくる親もいるようです。

 

私自身限られた時間の中で、彼女にしてやれる事は、涙を受け止め、彼女の精一杯の気持ちを聞いてやる事ぐらいしか出来ません。

もっと彼女らしさを発揮できるために何かしてやれる事はあると思うのですが、際立った才能を褒めてあげるしか出来ません。

彼女の美的センスが遺憾なく発揮できる仕事。

そんな仕事が見つかる事を祈るばかりです。

 

こうして私の大学生へのキャリア支援は終わりました。

延べ300人くらいの学生と向き合って来て、こちらも色々と教えられました。

いい経験でした。

 

と言ってる場合じゃないんですけどね。

7月からは定期的な仕事が無くなります。

いくらでも時間はありますのでお声掛けください。

 

【個人コンサルティング】

価格 1時間5,000円(税込み、交通費別途)

【キャリアセミナー&ワークショップ】

20名まで 価格相談

 

詳細、ご相談はこちらまで

nakano@wobac.work

コメント