神々の国

生き方・働き方

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できる社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

47歳の頃、ある朝、通勤途中。

身体が会社に向かわない。

会社が近づくとどんどん気持ちが沈んでいく。

まずい、このままだとうつ病になる。と思った。

心にブレーキがかかる前に身体にブレーキがかかった。

行くな。

 

そして私の身体は会社とは反対の奈良に向かった。

小学校の時、遠足で行った「唐招提寺」。

時期も同じころ深い秋の時期だったように思う。

薬師寺の有名な高田好胤さんの話を聞き、唐招提寺に向かって歩いて、バスで帰った。

その道を辿ってみた。

かれこれ35年経過していたにも関わらず、その風景は当時と変わらない。

一気に心が小学生に戻った。

育てていただいた奈良への思いが生まれた。

 

それから会社から逃げるように、有休を消化しひたすら奈良巡りをした。

ある日書店に立ち寄った時に目に入った五木寛之さんの「百寺巡礼」という本。

五木寛之さんが日本全国の寺を巡り、由来や歴史、実際に訪れた感想などが綴られていた。

その時、私の心にかすかな変化が起こった。

会社から逃げるように奈良巡りを重ねる自分を責めていた。

しかし、その本を読んだとき、私の心の中にあるその塊が少し溶け始めた。

「寺をめぐることは意味のあることなんだ」と。

 

私は唐招提寺の南大門から金堂との間の空間が大好きです。

凛とした空気。掃き清められた参道。どっしりと構えた金堂の佇まい。

静かに金堂を眺める。

心が溶け始める。そして清められる。そして余計な力が抜ける。

いまここの空間は1300年前の鑑真和上の時代へとつながる。

日本の歴史が繋がり、そして私が存在した。

それだけでとても意味のあることのように感じられた。

 

中庸という仏教の言葉がある。

我ありて、彼あり。

 

先日のポジティブ心理学ワークショップにてタル・ベンシャハー教授が冒頭に話された。

AND。

・・・もある、そして・・・もある。

日本の文化には古からしっかりと根付いている考え方。

 

和を以て貴しとなす。

神仏習合。

そして、八百万の神々。

日本は、我ありて、彼あり。の文化なのです。

 

そして実は私、奈良検定2級なんです。

コメント