感謝しかない

報告

仕事を志事に。

働くことで幸せを実感出来る社会の実現を願うキャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

2日間のポジティブ心理学公式ワークショップが終了しました。

ポジティブ心理学では、持続的幸福をwell-beingと呼び、well-beingを向上させるためにPERMAという指標を使います。

私自身、この2日間参加してこの指標がグンと上がりました!

 

P・ポジティブエモーション

well-beingの最高識者が勢揃い。身体中にポジティブ感情が充填されています。

E・エンゲージメント

今日頂いた言葉を噛み締め自分の中で消化していくのが、楽しみ。ただひたすらにポジティブ心理学を学びます。

R・リレーションシップ

同じ方向を向いて歩いていける多くの同士がいらっしゃることでより良き充実した人間関係を築く事が出来ました。最高です(^^)

M・ミーニング

改めて「人を幸せにする事」を抜いた自分の先の人生を考えた時に虚しさしか残らない事を実感しました。やはり私の残り人生の意義はそれだと思います。

A・アカンプリッシュメント

どんな小さな習慣も日々達成することに意義がある。昨日の自分を越えていくことが大切です。

 

今回はポジティブ心理学創始者、マーティン・セリグマン博士に加え、「ハーバードの人生を変える授業」で著名な、タル・ベン・シャハー教授、ドクターハピネスこと、エド・ディナー博士、TEDでIKIGAIをテーマに人気を博したエミリー・スミス。

わぉ!何て豪華なスピーカー陣!幸せ過ぎる(^^)

このワークショップのファシリテーターに参加したのは、人に伝えるため。

まだマーティン・セリグマン博士の温かい手の温もりが残っています。

この温もりを身の回りの人にどんどん伝えていきます。

 

ファシリテーターメンバーは今頃打ち上げで盛り上がってんだろうな(^^)

私は実家の母を1人で見守ってくれてる嫁の元へ帰ります。

感謝という言葉を胸に刻んで。

コメント