役割

生き方・働き方

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できる社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

キャリアコンサルタントの役割って何でしょうか?

全国41000人強の国家資格保有者において私と同じ答えをする人はそんなにおられないと思います。

つまり、人それぞれの答えを持っているのではないかと思われます。

 

キャリアとは、

一般的に中世イタリア語を語源とする「轍」を意味する言葉だと言われています。

つまり、人が歩んできた道が、キャリアです。

そしてこれから歩んでいく道も、やはりキャリアではないかと思います。

 

人は自分の生き方を自分で決める権利があります。

しかし、本当に自分で決めた生き方を生きる人がどれほど居られるのか。

 

環境や自己理解の不足により、他者に依存して生きる、他者との関係を築けないなど生きにく人生を生きている人が多いように思います。

キャリアコンサルタントは環境理解、自己理解を促し、自分らしく生きる道を探すお手伝いをする人なのかと思っています。

自立した人生を生きるお手伝い。

簡単に言ってしまうとそうなのかと。

 

では、それをするためにキャリアコンサルタントに求められるものは何でしょうか?

自分自身が身を置く世界での環境理解、そして自己理解であると思います。

自分自身がその知識なくして他の方のお手伝いが出来るわけがありません。

 

まさに、自分自身が身を置く環境。

つまりキャリアコンサルタントを必要とする社会環境の理解です。

企業や組織の課題。

資本主義経済の行き詰まり。

 

そして自分自身の理解。

なぜ、自分はキャリアコンサルタントをするのか?

自分自身の強みは何か?

自分はクライエントに何を与えることが出来るのか?

 

まだまだ自己研鑽が必要なようです。

キャリアコンサルタントについて、どなたか徹底的に語り合える機会があれば話たいですね。

 

コメント