イチロー

諸事

仕事を志事に。

働くことで幸せが実感できる社会の実現を願う、キャリアコンサルタントの中野敦志です。

 

イチロー。

初めて日本人の野手としてメジャーリーグに挑戦。

当時はせいぜい2割8分がやっとだろうと言われていた。

私も正直ちゃんと通用するかどうかは疑問であった。

ところがふたを開ければ、200本以上のヒットを打ち、大活躍。

野茂もそうだがパイオニアと言われる人はやはりすごい。

 

今日、8回の守備交代の時のセレモニーでは胸と目頭が熱くなった。

 

私は野球少年でもないし、野球を愛してやまないわけでもない。

それにこれはキャリアに関するブログだ。

だけど、今日はイチローのことを語りたい。

いや、語れるほどの材料も持ち合わせてはいない。

だからと言って無理やりキャリアの話しに繋げるのもあさはかだ。

例えばイチローの集中力。

まさに「いま、ここ」なのである。

そんなことを書いても浅いだけだ。

 

ただただ、イチローの残した「功績」に敬服するばかりである。

今日、ヒット1本を楽しみしていたが、それも叶わないほどとことん限界までやったということだろう。

これもイチローらしいのかもしれない。

そして今日はTVを通してだけど彼とともに同じ時間を過ごしたい。

 

これだけは言っておく。

ネタが切れたわけではない。

 

コメント