猫好きシニア CネコバカO 活動日記のページへ

人生100年時代のわたしの社会実験⑤ 57歳からのチャレンジ

★前回記事からの続きです。

 

こんなタイトルにしましたが、

実は、チャレンジしているという実感はあんまりなくて、

「実験」に近い感覚です。

 

食いっぱぐれないように、がむしゃらに頑張って、お金を稼ぐ。

という感覚ではなくて。

 

こんなこと出来たらいいなぁ~

と、思い描いていることに

 

ちょっとでも近づいてみたいなぁ~

どこまで近づけるんやろ?!

そう思いながらやっています。

 

幾つになっても、

なんかあの人楽しそうやな~

そう思われたいし、自分でもそう思っていたい。

 

それはお金ではなく、地位や名誉でもなく、

まるで少年のように、

好きなことをいつまでも楽しそうに追いかけている。

 

そんな働き方をしたい。

 

お金を稼ぐことを最優先にすると、

そうはならないんじゃないかと思います。

 

また、他人のことを最優先にしても、ダメ。

 

わがままに自分のことだけやっていても、

嫌われるだけ。

 

あ、これやってみたい!

と思うことをやっていきながら、

いつの間にかお金が回っている。

 

損得勘定ではなく、

自分にメリットがあるのかではなく、

他人が喜んでくれるから、でもなく、

 

自分が正しいと思えることを、

正しいと思えるやり方で、

楽しみながらやっていく。

 

そういう生き方、働き方をしたい。

それが出来るのかどうかを実験している感覚です。

 

57歳で独立した時は、色々ありましたが、

わたしの軸のようなものです。

 

この時期に感じた教訓

何を大切にしたいかを大切にする

※言葉としては当たり前すぎるが、実際の行動がそうではない場合が多すぎる件。

冷暖自知

※水が冷たいか暖かいか自分で触ってみないとわからない。という禅の言葉。まさに自分が経験してみないことには実際はどうかわからない。

自分を楽にして挑戦する

※いくらお金を稼げば生活が出来るのか?それを目標にした挑戦なのでプレッシャーも低い。ダメだったらダメで次に楽しいことを考えればいい。何もしない人生より何かして思い残すことをなくしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA